内藤 裕二/ 3月 18, 2019/ アジャイル, 試験・セミナー

TL;DR

Agile Japan 2018(年度) サテライト<札幌>の前夜祭として、POStudyの関さんの講演プロダクトオーナーについて詳しく知りたい!に参加しました。

講演

「プロダクトとは何か?」から、経産省の資料の「Society 5.0」を使用したプロダクトの歴史、ならびにScrumの変遷やLeSSの内容など、多岐にわたる内容でした。
技術書典6にて本を出されるとの事で、当日の講演の内容も記載されるようですので、詳細についてはブログでの記載を控えさせていただきます。

所感

エンジニアから見たビジネスの考え方や、アジャイル・Scrum・LeSSの現状などを、「プロダクト」という視点から体系的に考えさせていただける講演でした。

実のところ、弊社としても、4月からアジャイル開発側の実践を予定しており、その前段として、お客様と一緒に今回の後援会に参加させていただきました。
講演会や勉強会で最先端の事例を見聞きすると、自分のいる場所とのあまりの違いに呆然とすることもあるのですが、いつも初めの一歩を踏み出すことが大切だと考えています。
今回の講演会も、とても良いきっかけになった、と感じています。